2020.03.18

土曜日の花

2冊の本を読んでいます。1冊は読み終え、もう1冊はもう少しです。読み終えたのは漫画「ふんばれ、がんばれ、ギランバレー」、22歳の時に重いギランバレー症候群に罹った女性の「奮闘記」、漫画家を志したのは、病気に罹ってからだそうです。壮絶な闘病記です。もう1冊は、「誤作動する脳」、レビー小体型認知症と診断された女性の、いわば当事者研究の本です。「認知症」と名づいた病気ですが、例えばアルツハイマー型認知症とあまりに異なる症状に驚きます。ご本人も、当初、違いにおどろいたようです。認知症に限らず、本人が発信することが増えていますが、それによって、これまでよくわかっていなかった病識が明らかになってきました。もちろん、レビー小体型認知症といっても、100人が100通りの症状を呈するわけで、一人の当事者研究を読んだからといって、病気を理解したとは到底言えませんが、でも、ありがたいです。もっと、もっと、当事者が発信してほしいと、強く感じました。

土曜日の花です。

啓翁桜とコデマリ

郁子、グロリオサ、モカラ、モンステラ

 

 

先週と同じガクアジサイ

コメントフォーム

CAPTCHA