2018.07.16

小規模多機能八街地域づくり打ち合わせと昨日の花

山崎亮氏が主宰するStudio-Lとコンサル契約を結んで、再来年に開設する小規模多機能ハウス八街を拠点とする地域づくり活動を展開します。昨日、その初めての打ち合わせを、風の村八街でおこないました。3月に開催した生活クラブ連合会主催の福祉・たすけあい活動交流集会の基調講演で山崎さんの話を聞き、ぜひとも、協力してほしいとお願いしたのです。Studio-Lは、自治体主体の地域づくりのコンサルを多数おこなっています。対象地域の住民のヒアリングから始め、ヒアリングに協力してくれた人たちを中心にワークショップを重ねて、街づくりの構想を描いていくという手法を使います。この過程で、住民主体の地域づくりの担い手を養成していくのだと思います。

開設までおよそ2年あります。この期間にヒアリング、ワークショップをおこない、地域課題を解決するプロジェクトをできるだけたくさん生み出していくことを目指します。生活クラブ千葉グループのVAICコミュニティケア研究所も参加し、Studio-Lの手法を学んでもらい、今後は、VAICコミュニティケア研究所とのコンサル契約で、新規事業所等を拠点とする地域づくりを進めていくことを目指します。

というわけで、昨日は会議をやっている間に、3か所すべて妻が生けてくれました。

グロリオサと、スモークツリー

百合、粟、カーネーション、アイビー、

変種のカーネーション、ユーフォルビア、細長い葉は、ニューサイランに見えますが、違うそうで、名前わかりません。

 

 

 

 

コメントフォーム

CAPTCHA