2020.08.31

3週間ぶりの花です。

7年8ヶ月にも及んだ安倍政権が終わることになった。安倍首相が最重要課題にあげた経済に関しては、論評が異なるだろう。ここで、私の考えを述べることは控えたい。ただし、この長期政権は、戦後政治が民主主義の基盤として大切にしてきたことを、ことごとく破ってきた。その罪は大きい。憲法の解釈変更で集団的自衛権を是としてしまった。「忖度」政治、公文書改ざん、破棄、議事録をつくらないなどは、民主主義の根本を切り崩してしまった。こうしたことは、政党の利害を超えた立憲政治、民主主義社会共通の価値だったはずだが、あっけなく崩壊した。

新しい首相候補者とされる人の中で、これらを負の遺産として、その再構築を図りたいと思っている人はいるだろうか。安倍1強のもとでは口に出すことはできなかったし、総裁選挙が終わるまでは何も言えないが、首相になった暁には、毅然として立憲主義、民主主義を再建するという人はいるだろうか。多くが、青雲の志で政治家をめざしたのだろうし、誰もかれもがこの7年8ヶ月の政治を良しとしているはずはないと思いたいのだが。

さて、おととい、3週間ぶりに花入れをしてきました。

ヒペリカム、ハナナス、グロリオーサ

シュウメイギク、女郎花、吾亦紅、ヒペリカム

チョコレートコスモス、バラの実

花器に使っているのは、以前、風の杜広場でやっていた

NPOクラブの炭焼きでつくった焼竹(というのかな?)をもらったものです。

節を利用して水を入れましたが、漏れていないといいのですが・・・

 

 

 

コメントフォーム

CAPTCHA