お知らせ

ホーム お知らせ アートと自然と保育園

2020.09.10

アートと自然と保育園

人事担当者のつぶやき

保育園勤務希望の学生さんと、風の村の保育園2園を見学してきました!

今日はたまたまこれから「アールブリュット」のアート創作イベントを開催するとの事で、広いホールに布が敷かれていました。

床や天井・塗料まで自然素材が使われている居心地の良い園舎、天井から吊るされたレオ・レオニ風のお魚達、園庭で水遊びをしている子ども達の声。
今日も風の村の保育園は元気いっぱいです!

*アールブリュットとは、美術の専門的な教育を受けていない人が、湧き上がる衝動に従って自分のために制作したアートこと。

*レオ・レオニ・・・オランダ生まれの絵本作家。代表作はスイミー。



こちらは、保育園八街の秋祭り用のお神輿。

保育士が考えた完成形に誘導するのではなく、子ども達が自由な発想で作り上げたデザインです。
折り紙で作ったお神輿、天まで願いが届きそうです☆

持ち手部分の竹は、自然に囲まれた保育園の敷地内のもの。
保育園八街の遊びの自給率ってすごく高い!


最後は、いつも子ども達が遊んでいる広場を散策。

保育園八街に隣接する特養ホームの庭にいるヤギの「ふうちゃん」とのご対面。
一応ソーシャルディスタンスで(笑)。

一緒に給食も食べましたが、生活クラブ生協の食材を使った安心・安全・美味しい給食に「とてもおいしかったです!」と、喜んでくださいました。

帰り際、「子ども達にとって、すごく良い保育園ですね!いいなぁ(*^^*)」と、学生さんに言われ、風の村の保育園で育つ子ども達は本当に幸せだなぁと改めて実感しました☆