お知らせ

ホーム お知らせ 人は、人との関わり方次第で、変わる可能性を持っている。~事例発表会~

2020.02.19

人は、人との関わり方次第で、変わる可能性を持っている。~事例発表会~

人事担当者のつぶやき

風の村では、年1回事例発表会を開催し、様々な好事例をシェアすることで、たくさんのご利用者さまの夢や希望を叶えています。

リクルーターでもある、中川めぐみさん(サポートハウス流山/2016年入社)の発表した事例は、サポートハウスに入居していた女性、Sさんのお話。
一時入院して戻ってきたら、病院から「発語なし」と記録があったそうです。
しかし、積極的に話しかけたり、YES・NOで答えられる質問をしたりと、発語機会を増やす取り組みを続けた結果、少しずつ言葉のキャッチボールができるようになっていった・・・。

中川さんは、「人は、人との関わり方次第で、変わる可能性を持っている。」ことを学ぶことが出来たそうです。

他にも、10名の職員が様々な取り組みについて事例を発表しました。
ご利用者さんとご家族の夢や希望を叶えるため、本音を聞き出し、職員たちがどのように考え、話し合い、実行したのか、そしてご利用者さんにどんな変化が起きたのか。
そばに寄り添う人の存在が、いかに大きいかということを、改めて感じることができる発表会でした。

今回の事例発表会は、4月に入職予定の内定者の方も何人か聞きに来てくれました。
発表会終了後に感想を聞くと、「今日来て本当によかったです!」と口をそろえて言ってくれました。
教科書で読んだ事例ではなく、実際に体験している人が話す生々しい話に、とても刺激を受けてくれたようです。

3月から実施する施設見学会でも、先輩職員の実体験ストーリーを聞くことができます。
ぜひ施設見学会にて、風の村の取り組みを感じてみてください!