スタッフメッセージ

ホーム スタッフメッセージ 二宮尚子

この仕事を選んだきっかけは?

「高齢者が好き」「介護の仕事が好き」という思いがあったからです。「風の村」のスタッフと利用者さんの垣根のない和気あいあいとした雰囲気に惹かれて入社しました。

「生活相談員」の詳しい仕事内容を教えてください。

「風の村」の窓口となる存在です。自分に合った入居先を探している方や、地域の人たちの様々な困りごとの相談を、電話や対面でお受けしています。
日々相談を受けていると、本当にさまざまな人の人生の一端に触れることができて、仕事への好奇心が広がっていくことを感じています。たとえば、相談の内容そのものだけでなく、話し方、身なりや持ち物からも、その方の生活のご様子を知ることができると、話をしながら全体の状況を俯瞰して、より良い提案を行うことができるようになっていきます。
その方に本当に必要なことであれば、「風の村」への入居を勧めるのではなく、適切な相談窓口や、その方に合った医療やケアを施す他の施設をお勧めすることもあります。

二宮さんにとって、この仕事のやりがいを教えてください。

アドバイスや支援の手が入ることで、その方の生活が目に見えて改善していく過程を見守っていけることです。直接、「あなたが教えてくれた道に進んでみてよかった」と言っていただくこともあり、心からやりがいを感じます。
親身になってお話を聞いていると、「悩みを聞いてくれてありがとうね」と感謝を伝えてくださる方も多くて、相談職として少しでも力になることができると嬉しく思います。

これからの目標を教えてください。

生活相談員の仕事と、現在ヘルプで入ることのあるユニットケアの仕事、どちらもスキルアップしていきたいと思っています。「風の村」では職員の資格取得を推奨していることもあって、名刺に自分の肩書きを増やしていくことができることも大きなやりがいになっています。
現在は、ケアマネージャーの資格を取るために、自宅に帰宅してから、リビングで宿題をしている子どものとなりで私も試験に向けて勉強を重ねています。(笑)

これからエントリーする方へ一言お願いします。

就職してから自分次第でどこまでもスキルアップできる職場です。周りの先輩もとてもいい人ばかりです。
働きやすい職場です。ぜひエントリーしてみてください。

スタッフメッセージ一覧