スタッフメッセージ

ホーム スタッフメッセージ 浅井祐介

この仕事を選んだきっかけを教えていただけますか?

「人の役に立ちたい」「ありがとうと言われるような仕事がしたい」と昔から思い続けてきました。まわりの人からも「福祉関係の仕事が向いていそう」と言われていたこともあって、生活相談員を目指して社会福祉の学校に進学しました。
学校では「生活困窮者自立支援制度」について学ぶため、市役所に実習に行ったりもしたんですが、実はその制度を受けられる一歩手前で困っている人たちが大勢いるのではないか……と感じました。それから市役所だけでなく、就職先として色んな法人を見ていく中で、「高齢者」「障がい者」「児童」と世の中の全ての人たちを対象にした福祉を行っている「風の村」なら、自分にとって幅広い選択肢が広がっていると感じたんです。

相談職から、介護の現場を知ろうと思われたのですね。

僕はどちらかと言うと慎重なほうなので、いきなり相談職に就くのではなく、まずは介護スタッフとして現場で経験を積みたいと考えました。「風の村」には、将来のキャリアや働き方が選択できる「キャリアエントリー制度」があるところも、魅力に感じました。

介護の現場に立ってみて、どんなことを感じましたか?

未経験なので最初はものすごく不安でした。できるようになるまでイチから丁寧に教えてくださる先輩方に支えられています。一番の心の支えになっているのは、「まずは想いや考え方が大事だよ。技術は後からついてくる」という施設長の言葉です。
先輩方はみんな面倒見が良くて優しくて、介護の現場について何もわからない僕が、何かに困ったり尋ねたりする前に、先回りして教えてくださるのがすごいなあと思います。
今はまだ頼りないけれど、僕もいつか先輩方のような頼れる存在になりたいです。

働きはじめて、印象的だったエピソードはありますか?

着替えの介助をはじめ、色々な“初めての仕事”を経験させてくれた利用者さんが、亡くなってしまったことです。自分にもっと知識や経験があれば、もっといいケアができただろうか、と悔やむこともありました。でも、その利用者さんは亡くなる前、僕に「幸せでしたよ、ありがとう」と言ってくださったんです。その言葉があたたかくて、特に印象に残っています。

やりがいを感じるのは、どんな時ですか?

利用者さんに「ありがとう」と言ってもらえたとき。先輩方をはじめ職員のみんなからも「ありがとう」と言ってもらえたり、褒めてもらえたりしたときです。
ちょっとした作業やゴミ出しにも、「ありがとう」という言葉を交わし合っている職場だと思います。同じ業界の他社に就職した友達には、ストレスや体調を崩して辞めてしまう人も多いんですが、僕は先輩方が「休憩や休暇はきちんととれているか?」「残業になっていないか?」など、いつも気にかけてくれていて、ストレスなく働くことができています。本当に感謝しています。

将来の目標を教えてもらえますか?

僕は人が笑顔で幸せそうにしているのを見るのが一番好きです。夢は、人々が安心できる世界をつくること。人は不安になると誰かを攻撃してしまうものです。ここでは利用者さんの不安をできるだけ取り除いて、安心して暮らせる場所をつくっていきたいと思っています。
また、介護の仕事はとても奥深いものなので、もっともっと極めていきたいです。ここで経験を積みながら、認知症ケアの知識をもっと身につけて、先輩方のような入居者さんに心から安心感を与えられるケアワーカーになりたいです。

スタッフメッセージ一覧