お問い合わせ

新卒採用エントリー

マイナビサイト、リクナビサイトのいずれかにてご応募ください。

中途採用エントリー

indeedにてご希望の募集内容を
検索してご応募ください。

indeedで
検索する

菅波 明馬 Suganami Haruma

船橋市「保健と福祉の総合相談窓口」さーくる 相談職
2020年 新卒入職
1人の“菅波”として、できることはなんだろうって考える。

「相談職員」としての表面的な対応ではなく、
一歩踏み込んで、自分ができる限りの範囲でお手伝いすること。
それが僕たちの仕事だと思います。

社会経験がない状態で相談職員になった時のこと

相談職は介護職を何年か経験した人が異動の対象になることが多いのですが、コロナの蔓延で相談職の人数を増やすというタイミングがありました。そこで、新卒職員も対象だったので希望したところ異動が決まったという、少し特殊なタイミングでの配属でした。
社会経験がない中で相談職員になったので、当時は衝撃を受けることが多かったです。

いきなり自分の祖父や父親たちと同じ世代の方の相談を聞く状況なので、やっぱりすごく萎縮してしまったり、恐縮してしまって。最初の2、3ヶ月ぐらいは電話に出るのもちょっと怖かったです。
特に、精神面での病気を抱えている方との関わりがあったときは、何もない方と全然違うので、そのギャップに衝撃をうけました。

ただ、わりと物怖じしない性格なこともあって、わからないものはわからないって先輩にストレートに相談できました。上司や先輩は、わからないなりに自分で考えてやってくれたら、あとは責任持つからっていうスタンスで関わってくださったので、本当に助けられたなって思います。対応した内容を報告すると、細かくアドバイスをいただけて、本当に勉強になりました。

1人の人としてできることはなんだろうって考える

相談を受け、問題に対して改善できるよう、サービスを整えたりすることって僕たちの仕事ではあるのですが、その他には、何ができるんだろうって考えます。本当にいろんなケースがあるんです。
例えば実際に過去にあったことだと、末期の癌を患っていて治療をしなければいけないっていうご相談者の方に対し、神社にお参りに行ってお守りを渡したり、障がいのあるお子さんとは一緒にご飯を食べたりしました。障がいのある方は社会経験が乏しい方が少なくないので、人と関わることで社会経験のひとつになるとか、成功体験になるってことをサポートできたらいいなって思います。
対応した方から「あなたと会えて良かったな」っていうお言葉をいただいたときは、すごくやりがいになりました。
もちろん、福祉の相談職員としてもそうなんですが、1人の“菅波”として、できることはなんだろうって考える。その相談者がどうすればいい生き方になるかとか、どうすれば今の状況を改善できるかっていうのを、一歩踏み込んで自分のできる範囲でお手伝いするっていうのが僕たちの仕事かなと思っています。

あと、僕は社会福祉士っていう資格を持っているんですが、より精神に特化した精神保健福祉士というのがあって、その資格を取って精神科領域により専門的な対応ができるようになりたいと思っています。これまで対応したケースを含めて踏み込んだ勉強をして、引き出しを増やしたいですね。

ワークライフバランスについて

わりと楽観的に捉えることできるタイプなので、仕事とプライベートの切り替えはしっかりできていると思います。もちろん、ケースによっては仕事のことを思い出したりもしますけど。帰ったら好きなだけYouTubeを見て、夜更かしすることもあります。あとは、外に走りに行ったり、週末は友達とスポーツをして過ごしたりして、わりとそれで次の週には自分がリセットできて仕事ができているので、切り替えは上手くできていると思います。

そもそも、相談内容は深刻なんですが、その人の人生に触れるっていうことが楽しいって捉えられるんですよ。僕たちが関われるのは期間で言うと一時的ですが、これまでの人生…生まれてから今に至るまでの全てを考えて、どうすればこの先の人生は良くなるかなって考える仕事なんて相談職くらいだと思うので、すごく仕事にやりがいを感じられています。

就職活動の時期は、色々な企業が見られると思うので、たくさん見学に行って現場を見てみるといいと思います。その中で、風の村がいいって思える方がいれば、ぜひ一緒に働きたいなって思います。

職員インタビュー

サポートハウス高根台會澤 水織

何かご利用者さんの助けになりたいと考えてくださる方と、一緒に働けたら嬉しいですね。

特養ホーム八街木村 隆一

担当したご家族様が、「ここにお願いしてよかったです。」と職員たちに言ってくださったことが本当に印象に残っています。

定期巡回ステーション光ヶ丘小島 泉美

自分の体調や心が自己管理できる職場環境というのは大切だと感じています。

デイサービスセンター流山栗原 祐弥

食事の形態も重要視していたので、食支援についてよく考えられていたのが魅力だった。「安定的な法人」というのもポイントになりました。

小規模多機能ハウスなりた湯浅 湖豊羽

リハビリを頑張っているうちにしっかり回復して、元気になっていく姿を見ると嬉しくなります!仕事のモチベーションアップにもつながります。

とんぼ舎さくら亀田 菜々

嬉しい時には嬉しいって喜んでくれるし、機嫌が悪い時はあれが嫌だったんだなって、素直ですよね。そういう個性が興味深いなって感じます。

福祉用具事業部岡田 遥

難しいご希望でも、「ありません」とは言いません。そう言ってしまったら、その方はどうやって歩くんだろう、コンビニに行きたい時はどうするんだろうって考えます。

保育園佐倉東友部 美菜

外で遊んでもいいし、中で遊んでもいいし、他のクラスのおもちゃで遊んだっていい。ルールに縛られないから、大人もおおらかな気持ちでいられます。

わらしこ保育園流山水谷 舞美

大人が思っている以上にすごいなって、こどもたちの成長した姿に感動することがよくあります。

はぐくみの杜君津永山 葵

血の繋がりはないけど、こどもを強く想って支えていく職業。学生の時に授業でみたビデオに衝撃を受けたことがきっかけでした。

介護ステーションさくら渡邉 紀子

お手伝いした後に「気持ちよかったよ」「またきてね」という言葉を聞くと、自分自身がほっとするんです。

特養ホーム八街香取 明昌

言葉にならない言葉を汲み取ってあげて、一人ひとりに対し深く受け止めることが大切だと思っています。

グループホーム作草部奥村 明美

スタートは介護の「か」の字も知らなくていい。少しでも興味があれば、実践していくうちに楽しいと思えるかもしれません。

ケアプランセンター流山上松 敦江

訪問看護やヘルパーさんへの感謝のお言葉を耳にすると嬉しいです。やはり、風の村としてサービスを褒められた時は喜ばしく感じます。

訪問看護ステーション稲毛榮 静香

生活をする上でどうありたいのか、どうなりたいのか、利用者さんの気持ちをベースに考えていくことはブレないようにしています。

保育園佐倉東宮川 沙綾

日々の保育がその子の中で、気持ちのいい時間になっているのだなと感じられると、やりがいになります。