2019.05.15

【支援センター 園庭解放 楽しいよ~】

保育園の園庭では季節を感じ、水あそびが始まっています。

園児達の様子をみて、水あそびをしたり、タライに水を入れると自然と子ども達が集まってきます。

この日は、園児がイーゼルで絵の具と筆を使って画用紙に色塗りをしていました。

とても興味を持ち、一緒に参加しました。

大きい子の真似をして楽しそうに描いていました。

 

 

 

 

 

しばらくして、また違うあそびに興味を持ち、描いた絵も半分乾いていました。

また絵を見ると筆で描きたくなり、「絵の具がもうなくなったったね」と話していると

園児がやってきて、「みずをたらすと、またふでででかけるよ」と教えてくれ、その様にやってみました。

水をたくさんたらし、筆で描いたことにより画用紙の表面に色水ができました。

その色水をカップに入れまた楽しんでいる園児の姿に刺激をたくさん受けました。

絵の具を手に付け、ダンボールに手形をしている園児の様子を見て、同じように真似をしていました。

絵の具と水で子どもたちがこんなに展開して遊べることに驚き、親子でとても楽しめた様子でした。

手足に絵の具がついても全く動じない我が子の意外な一面を見る事が出来、とても喜んでおられました。

園庭では毎月アートの日も行われ、支援センターも園児と一緒に参加する事が出来ます。

親子で遊びに来て下さい。お待ちしております。