2年前の4月、桜の門をくぐり、風の村特養ホーム八街に居宅支援のケアマネジャーとして入職しました。2ヶ月後に担当させていただいたご利用者様が、この4月に他の施設に入所になりました。風の村のデイサービスをご利用されて、日常的に顔を合わせることができ、たわいない話をして、こちらもつられて笑顔になれるような明るい方でした。今までのように会えなくなるのはさみしいですが、門出を祝い、幸多き人生でありますように祈っています。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、目に見えない不安に、気持ちの落ち込む中、利用者様やご家族様に「元気ですか?」「お互い気を付けましょうね」と声をかけていただく機会があり、その言葉に励まされました。『そうだ。よく寝て、しっかり食べて、みんなでがんばりましょう!』