2018.07.09

これからの介護を支えてもらうために

特養ホーム八街では、昨年度からEPA(経済連携協定に基づく)介護福祉士候補生を受け入れています。

ベトナムから2名とフィリピンから1名です。

今回は、ベトナムの候補生のベーベキュー交流会が幕張の豊砂公園で開催されました。

現在、ベトナムから候補生を受けいれている施設職員、または受け入れを検討している施設の職員、実際に働いている介護福祉士候補生、そして8月から新たに配属される候補生が参加しました。

 

 

 

 

 

特養ホーム八街で働いている2名も参加して、久しぶりに母国語での交流、ベトナムの鬼ごっこなど行い

楽しく過ごすことができました。バーベキューはお腹いっぱいになりました。

 

 

 

 

 

参加した介護福祉士候補生のみなさんがこれからの介護の担い手になってくれることに

期待しています・・・。