2020.12.14

ちびっこクラブ「バスケクラブ、試合始まりました!」

こんにちは!

第3ちびっこクラブです!

 

 

11月に発足したバスケクラブ、18人の子どもたちがやりたい!と所属しています。

 

練習日は毎週月曜日

下校時間によっては1.2年生だけで活動するときもあります。

 

 

1か月間は異学年でペアを組んでパス、ドリブル、シュートの練習等。

普段の遊びの中では中々交わることのない異学年のペアはとても新鮮で

お互いに良い影響があると感じています。

 

 

そして今月からはいよいよ試合も始めました。

 

4年生対3年生チームや1.2年生混合チーム等、

何種類かのチームを組んで試合をしています。

 

試合となると、子どもたちの真剣さも変わってきます。

 

 

上級生チーム(3.4年生)が試合をしているとき、

下級生チーム(1.2年生)は得点板係をしながら応援。

 

「あ~おしい!」

「〇〇すごい!」

「かっこいい!」

 

憧れのまなざしで見つめます。

 

反対に下級生チームが試合になると、4年生を中心に得点板係。

ペアの子に対して

「○○おしい!」

「○○にはシュートを教えないとダメだな」

お兄さんの血が騒ぐようです。

 

試合終了後、ある4年生がペアの元に歩み寄り、

シュート練習を一緒に始めました。

その後、自然と他の4年生もペアの元へ行き、

4年生によるバスケ教室が開かれました。

 

 

スパルタに指導する4年生、

女の子相手に優しく指導する4年生、

嬉しそうな下級生、

 

とても微笑ましい瞬間で、

これが第3の良いところだなあと支援員も嬉しくなりました。