2018.07.27

とある夏の日の一場面

毎日様々なドラマが保育園のあちこちで繰り広げられています。

今日は朝からセミを捕まえて大騒ぎ!

それを見たなかまが急いで図鑑をもって駆け付けます。

 

「あっ!このセミだ!!」

同時になかまと指をさした図鑑にはアブラゼミの文字が。

一人の発見をなかまと分かち合うと、もっと楽しい!

 

 

こちらでは摘んできた花を活ける

花瓶を選んでいる様です。

自分のイメージ通りに挿せる花瓶はどれだろう…。

納得して選ぶことができるまで

おとなはそばで見守ります。

 

 

清水焼の花瓶に優しく活けるなかまを

まわりでそっと見守ります。

「割れちゃうから気を付けて」という言葉を

おとなが伝えずとも、こころと体でしっかり感じることができています。

 

何気ない一コマにも

今、その瞬間にしかない愛おしいこどもたちの想いが

ぎゅうっとつまっています。

 

保育園は毎日がドラマチック!!

 

by nowa