2020.10.07

もうすぐ・・・

例年でしたら、「親子運動会」が開催される10月。

今年度は感染症の関係もあり、いつも通りの運動会は行えない状況でした。

 

ですが、感染症の影響で「できない」でなく、今この状況で、できることをやろう。子どもの育ちを支えたいという大人の思いが1つになり、そこに子どもたちのやる気や元気が重なって、

今年度は以上児を中心とし、「げんきもりもりうんどうかい」に名前を変えて行われることになりました。

げんきもりもりうんどうかいという名前は、子どもたちが提案してくれました。それぞれがたくさんのアイデアを出し合い、子どもと大人が参加し、多数決できまりました。

 

10月9日(金)の開催に先駆けて、子どもたちの様子を少しだけご紹介したいと思います。

 

毎年、開会式の後に「準備体操」が行われています。

今年は何にしようか。と子どもたちと考えていると、「カッパたいそうがいい!!」という声が多く上がりました。

【カッパ体操】は例年でしたら、プールの活動前に行うことの多い体操です。

今年踊ってないなぁ~。そんな思いが子どもたちにあったのかもしれません。

 

ですので、今年の準備運動は子どもたちとの話し合いを経て、カッパ体操にきまりました。

 

最近、毎日行われている、「げんきもりもりうんどうかいごっこ」。

そのなかで、風の村保育園の子どもたちみんなが、元気に【カッパ体操】を踊っている姿があります。

   

※踊る際は手を広げ、間隔を取り、子どもたち同士が距離をあけながら踊れるように配慮しています。

 

『 カッパ、カッパ、カッパッパ~♪ 』

と、ついつい踊りだしたくなってしまう歌詞とメロディーが特徴のこの曲。

運動会ごっこを、日々見ている未満児の子どもたちもノリノリです。

   

振り付けも完璧です。。。

 

以上児中心の運動会ですが、未満児も踊りを一緒に踊ったりと、様々な方法で「げんきもりもりうんどうかい」の雰囲気を味わっています。

 

    

カッパ体操、ぜひご家庭でも一緒に踊ってみてくださいね☆

 

本番もみんなの笑顔がたくさん見られたらうれしいです。