2021.12.23

不審者対応訓練(佐倉警察署立ち合い)

本日、佐倉警察署生活安全課指導のもと、不審者対応訓練を行いました。

不審者が園舎の脇を通り、園庭側の門まで入ってくるという想定でした。

訓練後の評価では、不審者に気づいた職員が笛を鳴らし、職員に知らせていくという方法が合図として分かりやすく、子ども達を速やかに避難させることが出来ていたということでした。また、不審者への対応は一定の距離を保つこと、自分たちで取り押さえようとせず、警察官が来るまでの時間稼ぎというお話を頂きました。防犯グッズさすまたの使い方では、さすまたを不審者に向ける際は顔の位置が抵抗しずらく、さすまたを掴まれないよう前後に動かしながら相手の行動を妨げたり、さすまたの先端を足に引っ掛ける事も有効なのだそうです。

毎年、職員間で不審者対応訓練を行っていますが、今回のような警察官による不審者対応訓練も年に一度お願いし、警察官の指導を受けながら今後の対策に努めていきます。