2022.09.28

出来ることがたくさんふえたよ!

ねむ組は、歩行が安定し戸外での探索活動が盛んになったり、お座りの安定と手指の発達により、

片方の手からもう片方の手に玩具を持ち替える、物の出し入れをする等をして、ひとつの遊びを繰り返し楽しむ姿がみられます。又、四つ這いやつかまり立ち、斜面の登り下り等で室内での探索活動も盛んになりました。

「いないいないばあ」を喜ぶ姿や保育者とふれ合い遊びを楽しんでいます。

これからも子ども達の発達に応じ危険のない様見守り、絵本やわらべ歌を通してゆったりと過ごして行きたいです。

そら組は、わらべうたが始まると子ども同士で手を繋ぎ、円になろうとする姿や、リズムに合わせて踊る

可愛らしい様子が見られます。

わらべうたでは、「かごめ かごめ」「いっぽんばしこちょこちょ」「ねすみねずみ」を保育者や友達と楽しむ姿が見られ、友達との関わりが盛んになってきました。

戸外では、細い板の上をバランスを取りながら歩く、鉄棒に数秒ぶらさがる、小走りをする等少しずつ出来る事が増え、身体を十分に動かして遊んでいます。

室内では大型の玩具を重ねた台の上からジャンプを楽しんでいます。

「みててね」とひとりで両足を揃えてジャンプ、保育者と手を繋いでジャンプ、それぞれの発達に応じて楽しむ子ども達、ジャンプをした後の「できた」という自信に満ちあふれた子ども達の表情はキラキラと輝いています。

これからも子ども達の「できた」を自信に繋げ、発達を促していけるよう共に喜び、楽しんで行きたいです