年長がいない日の下駄箱当番!

2024.06.01
生活クラブ風の村わらしこ保育園流山

年長の子ども達が筑波山へ行った日、4歳児の子ども達は「園の中で一番お兄さんお姉さん!」と張り切りました。いつも年長さんが担ってくれている『当番活動』をやるんだと、すべての靴を庭に放り出します。さて、どうなるのでしょう…?

  

途中で飽きてしまうだろう…、と思っていたけれど、最後まで根気強く並べる姿がありました。

いつも年長さんのやっていることをよ~く見ている4歳児。見ることで、憧れを大きく育んでいるのだなぁと感じるのでした。

キレイにならんだ~!大満足で終えたと思ったら、片方が迷子の靴が続出!!思わず笑ってしまいました。そんな不完全さも愛おしいですね。

前の記事
事業所だより一覧

Recruit ⾵の村で⼀緒に働きませんか?

採用サイトはこちら

ユニバーサル就労の取り組み

NPO法⼈ユニバーサル就労ネットワークちばと連携