9/1113に、年長の子ども達と山梨県・清里に行ってきました。

 

目の前で見る馬の大きさに驚いた様子の子どももいましたが、初めての引馬体験では、喜び勇んで乗りに行く仲間につられるようにして皆が乗馬体験をしてくる事ができました。「背中、あったかかった!」「高かった!」等、口々に話してくれる時の表情が印象的でした。

2日目は冒険ハイク!

  

大自然の森の中に作られたアスレチックを探しながらの道のりは、その名の通り冒険のようでした!

1人では乗り越えられない壁を越えるアスレチックもあり、仲間の支えになったり、時には支えてもらったりする姿もまた、微笑ましいものでした。

  

登ってきた朝日を眺めたり、ただただ流れる滝の音や秋の虫に耳を澄ませ清里の大自然に身を置いた3日間…。「こんな自然ていいね」「風がビューンて吹いたんだよ」

五感をフルに使った子ども達から、この言葉が聞かれたのが何より嬉しかったです。