2018.12.05

救命救急講習会 ~子どもたちの命を守るために~

 

全職員を対象に、救命救急講習会を行いました。

消防署の方々が保育園に来てくださり、心肺蘇生法や誤飲の対処法など詳しく学びます。

 

講習会では等身大の人形を使って、シミュレーションを行いました。

〇胸骨圧迫  30回

〇人工呼吸 2回

シミュレーションをすることで、どのくらいの力で押したらいいのか、どのくらいの速さで押したらいいのかなど

それぞれの気付きがあり、実際に体験してみることの大切さを感じました。

分からないことは質問し、みんなで共有していきます。

AEDの使い方も学びました。

駅やショッピングモールなど人が集まるところに置いてあり、(風の村保育園にもあります)

こちらも実物に触れながらシミュレーションをしました。

 

練習だと分かっていても焦ってしまったり、、、

子どもたちの命を守るために、突然に起こる“もしも”に備えて研修や知識を広げることを

これからも行っていきます。