2018.11.08

沖の祭りに参加してきました!

 

11/3(土) 八街市立二州小学校沖分校にて行われた、『第6回 八街 沖の祭り』に南部地域包括支援センターとして、出張相談窓口のブースを出展してきました。

沖の祭りは日本で唯一、三百匁大砲の演武が見られたり、ほかにも鷹匠の実演や、甲冑を着た武者行列があるなど、

他の祭りでは見ることができない地域の皆さんが参加するお祭りです。

〇南部包括支援センターの職員です

 


〇四街道武謳歌『よさこいソーラン節』   〇はしご車の体験搭乗


〇消防音楽隊の演奏            〇鷹匠の実演

 

 

 


〇武者行列                〇最後は餅撒き(激しい争奪戦!)

 

体育館の中でも、和太鼓の演奏や舞踊、カラオケ大会などが行われていました!


〇千葉光の授産園『御成太鼓演奏』

 

〇カラオケ大会には職員と利用者がデュエットで参加!

曲は『銀座の恋の物語』

 

 

当日は八街市内で『八街の大祭』が開催されていて、沖の祭りの来場者が少なくなってしまうのかと心配しましたが、天気にも恵まれ、地域の皆さんがたくさん集まってとても楽しいお祭りでした。

南部地域包括支援センターのことも、ブースを出展することで地域の皆さんに知ってもらえる良い機会になりました。

 

これからも地域の皆さんとともに、地域に根付いた活動を行っていきたいと思います。

八街沖まつり実行委員会の皆様、後援協力の各団体様、参加された方々お疲れさまでした!