2018.11.26

竹にぐるぐる…まきまきパン!

11月20日にあおぞらぐみが「まきまきパン作り」をしました。

この日をとっても楽しみにしていたこどもたち!「パンまだ?」と言いながら朝からうきうきしていました。厨房からボウルやパン作りの材料をもらいに行き、ひろばまでの行き帰りも持てるだけ自分たちの力で運びました。


 

 

 

 

 

 

 

ひろばでは、地域の子育て協議会の羽佐田さんに教えてもらいながらパン作りがスタート!!

粉に水を入れてこねこね…

最初は手にくっついてくるので苦労しながら、まとまってくると、「おだんごみたい」「きもちいい」といいながらまるめていきました。

 

 

 

 

 

パンを発酵させる間に、みそ汁の具材を切ったり、竹を切ってパンを巻き付ける棒やおかずを乗せる器を作ったりしました。

のこぎりを使うのも久しぶりだったので、「切りたい!切りたい!」と意欲的です。お友だちが切っている間は「がんばれー」「あとちょっと」などと応援していました。


 

 

 

 

 

 

・・・そんなこんなで、あっという間に1時間が経ち、パンがふっくら発酵しました。

「おっきくなってる!」「でっかーい!」と興奮していました。

 

 

 

 

 

 

 

パンを伸ばして竹に巻き付けて、火のところで焼きました。

煙がもくもくでていたので、「目が痛い」「くさくていられない」などと言いながら自分のパンを自分でまわしながら焼いていきました。

 

出来上がりは、「おいしい!」「ふわふわしてる」と言っていました。

「つまみぐい」と言いながらどんどん食べるこどもたち。

やっぱり、自分で作ったものの焼きたては、おいしいね♡

 

 

 

 

 

 

 

火起こしからパン作り、器づくりを手助けしてくださったり、急遽、焼き芋を焼いてくださったり、里芋をくださったり…

地域の方々の協力を得ながら楽しい経験ができました。

ありがとうございました!!

これからも地域の方や保護者の方と協力をしていきながら、こどもたちがいろいろな経験ができるようにしていきたいと思います。