2020.08.11

竹に水を流したい!

梅雨も明け、気温も高くなり、夏本番!といった気候ですね。

そんな時にしたくなる遊びは・・・そう!水遊びですね☆

かぜぐみさんは戸外に出ると、水遊びを思い切り楽しんでいます。

今日はどんな水遊びをするのかなと見守っていると、

 

竹を使って、水を流している姿がありました。

「ながれた、ながれた!」と水が流れていく様子を見て楽しんでいる男の子。

面白いな~!と見守っていたら、その様子を見ていた、1人の子がおもむろに新しい竹を持ってきて、つなぎ合わせました。

つなぎにくいな。と感じたのか、切り株を持ってきて段差をつけたり・・・

坂をつけないと流れない。と感じたのか、水を流していた子も、友だちと力を合わせて切り株を積み上げたり・・・

日々の保育の中で、お兄さん、お姉さんの遊びの様子を見ていたのでしょうか。

自分たちで見よう見まねで遊びを作りあげています。

ですが、なかなかうまくいかない様子の子どもたち。

 

そんな時はおとなの出番!

『ここに木を置けばもっと急な坂ができるかも!』

子どもたちが作り上げてきた遊びを一緒に作っていきます。

最後には、こんなに長くなりました。

 

子どもたちの発想はとても豊かで、おとなには考えつかない事を思いついたりします。

その子どもたちの豊かな発想力をしっかりと支えていけるように、思い切り心のゆくままに遊べるように見守っていき、たくさんの遊びを一緒に楽しんでいきたいです。

気温が高すぎて、戸外に出れない時もありますが、

戸外に出れた時は、夏ならではの水遊びをじっくりと味わっていきたいです。