今年も年長の保護者の方々が雛人形を飾ってくださいました。
大小,様々な箱から1つ1つ大事に出していくお母さん達の姿に“次は何が出てくるの?”·“どこに飾るの?”と興味津々の子どもたちが集まって見学会のようです。

保護者の方のご厚意で譲り受けた立派な七段飾りのおひな様がホールを華やかに彩り、お隣には4歳児の手作りお雛様も微笑んでいます。

リズムの時にはひなまつりの歌と共に、お人形やお道具の細かいところもよく見せてもらいました。「顔真っ白じゃん」「泣いてるね~」等々子どもらしい反応が微笑ましいです。
子ども達の健やかな成長を願うひな祭りです.