2022.01.29

鬼のお面作り♪

2月3日の節分の日に向けて鬼のお面作りをしました☆

子どもたちに節分の話をし、鬼のお面を作る事を伝えるとはじめは「怖いからやだ~。」と消極的な姿も見られましたがハサミや折り紙やお面の土台となる台紙を見せると子どもたちからも「やりたい!」、「作りたい!」という声が聞こえるようになりました。

今回の製作ではハサミやのりを使い、指先を使う製作に挑戦しました。

まずは鬼の色を子どもたちと決めていきます。自分の好きな色を選びハサミでちょきちょき…。

   

指先も発達し、器用に使えるようになったかぜぐみの子どもたちはハサミを使うのもとても上手になりました。慎重に慎重に切っていきます…。

「ハサミ楽しいね♪」、「もっと切りたい!」と子どもたちもハサミを使った製作が大好きです☆

次は、ハサミで切った折り紙を鬼のお面にぺたぺたと貼っていきます。

小さく切った折り紙にのりをつけてお面に貼っていくのですが、小さな紙につけるのりの量も自分で考えながらつけています。

小さい紙にのりをたくさんつけてしまうとお面に貼った時にのりがはみ出てしまいます…。子どもたちも「のりが出ちゃった。」と言いながらのりの量を調節していました。失敗してしまったことを次にどのようにしたらいいのかを考えて量を調節していくこともとてもいい経験です♪

そして完成した鬼のお面をつけて園庭に出ては「鬼だぞ~!」とお友だちやお兄さん、お姉さんたちと追いかけっこをして楽しんでいます☆

園庭では、「鬼は~そと!福は~うち!」という掛け声が響きわたっています♪