2020.01.23

1月度福祉用具勉強会

福祉用具事業部1月の勉強会の報告です。

今回は浴室の段差解消の方法の一つの「すのこの活用」について、

教えていただきました。

 

【家庭内事故】

・統計で家庭内での事故の発生件数の第一位は「転倒」

・中でも「死亡事故」の内訳では「浴室での溺死」が多い。

高齢者の在宅生活で「入浴」は、最も注意しなければいけない行動となります。

 

 

【段差解消】

浴室にての転倒防止の為に、多くの「福祉用具」がございます。

中でも段差解消においては、すのこが活躍します。

 

浴室の段差

・脱衣所と洗い場の段差

・洗い場と浴槽底の段差

【商品の種類】

すのこの商品にも種類があり、各家庭のお風呂場に合わせた商品選定が必要です。

・洗い場の高低差・勾配の有無

・表面加工、クッション材の必要性

・シャワーキャリーの仕様の有無

 

上記内容を考慮し、商品の選定を行います。

 

基本的に、すのこには水はけに配慮した加工がされており、断面はかまぼこ状の勾配がつけてあります。

また商品の中には、高さ調整のできる脚になっており、微調整ができます。

 

この記事をご覧になっている方で、

・お風呂が深すぎて怖い。 ・シャワーキャリーのまま洗い場に行きたい。

・浴槽が特殊な形だけど大丈夫? など、お困りの方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、福祉用具事業部までお問い合わせください。