2019.07.24

7月度福祉用具勉強会

7月の勉強会は「床走行式電動介護リフト」です。

 

【床走行式電動介護リフト】

ご利用者様の移乗を手助けする福祉用具です。

スリングシートで身体を包み込み、モーターの上下運動を利用しご利用者様の移乗の負担を軽減できます。

また、吊り具の形状や、様々なタイプのスリングを組み合わせて使用する事で、ご利用者様の姿勢を変える事ができ、身体の特徴に合わせて使用できます。

 

【移乗方法】

※スリングシート・ミドルバック・脚分離型を使用

※車いすからベッドへの移乗を想定

1、スリングシート底部を、臀部の下にしっかりと敷きこみます。

2、スリングシート脚部を、太もも側面に包み込むように整えます。

3、スリングシート脚部を、太もも底部から内腿に敷きこみ、両脚から出たスリングを交差させます。

4、介護リフトのハンガーフックに、頭側スリング→脚側スリングの順で

引っ掛けます。※頭からの転倒事故防止の為。

5、吊り上った後、「背抜き」を行うと痛みや不快感の解消につながります。

6、ゆっくり上昇させ、車いすやリフトとの接触事故に注意します。

7、移乗先のベッド高さを調整します。

※リクライニングなどの機能が付いたベッドであれば、リクライニング・足上げの調整を行い、吊られた姿勢に近い形状にすると、身体への負担を軽減できます。

いかがですか?簡単そうで難しかったり、難しそうで簡単だったり

いろんな印象を持たれるのではないでしょうか?

 

 

今回ご紹介した商品のように、ひとつ技術を覚えることで

大きな手助けになる用具がございます。

今後とも勉強を積み重ねていきたいと考えます。

 

福祉用具の質問・お問い合わせは、福祉用具事業部まで!