2019.08.12

8月度福祉用具勉強会

 

福祉用具事業部です。

みなさん、暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

今回お持ちいただいたのは「たよレールソトエ」です。

玄関から屋外に出る際のアプローチ、気にしてみると様々な距離・形状をしているんです。

今でこそ、バリアフリーの意識も高まり新築時にスロープを設けてあったりもします。

しかしながら、玄関アプローチに手すりが無かったり、急こう配の段差が有ったり、しかも住宅改修工事も困難な事も少なくありません。

 

そんな時に便利なのが、屋外設置可能な置き型レンタル手すりなんです。

 

【たよレールSOTOE】

屋外で使用できる置き型手すり。わたレールEKとの組み合わせや複数台のご利用で、様々な状況に対応できる商品です。

 

【設置例】

・ベースプレート中央部に手すりを設置する事で、利き手側・健側側のみでの移動も検討できる。

・階段・段差上部で、90度曲がった通路にも対応可能。また、90度まで角度調整ができるので「外出時は門扉の方へ・散歩時はお庭の方へ」をご利用者様の活動の幅も広がっていきます。

 

・グリップの形状も一工夫、こんなちょっとしたアイデアが詰まった商品です。

 

今まで、レンタル手すりが設置困難だと思われていた方、

ご相談は、福祉用具事業部までお願いいたします。