2019.09.23

特養ホーム八街よりお知らせ

この度の台風15号で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

風の村八街においても、9月9日(月)3:00頃から停電と断水となりました。

電気は9月13日(金)に東京電力の電源車にて確保ができるようになりました。電源車が到着するまで、電気はもちろん、電話も不通となり、受信も発信もできない状況でした。そのため、施設の状況を皆様にお伝えすることが法人のホームページのみとなり、直接のご報告が遅くなり、ご心配をおかけしたことをお詫び申し上げます。

近くの道路は、杉の木が倒木して通行止め。

11日は停電3日目となり、具合悪い方も出て救急搬送を行いました。

また、法人内の他の施設に避難していただく方もいました。

職員も40名近く停電、断水の被害を受けました。自宅で食事もままならず、被災していない職員が食事を提供してくれました。

13日(金)、電気は復旧せずに、電源車にて仮復旧です。この電源車のおかげで、施設内の電気はほとんどが賄える状況になりました。

ライフラインが仮復旧して、必要な物資も多方面から支援を頂きました。

そして、電気は9月20日(金)夜間に戻りましたが停電から14日目、電源車から施設の電源に移行する作業が9月22日(日)午後に行われました。現在は、施設に普通に電気が通っています。

多くの方から、お水、飲みもの、食べ物、人的なことの支援を頂きまして、本当にありがとうございました。

お水は出ていますが、井戸水の水質検査の結果、細菌が通常より高く、生活用水で使用しています。

水の再検査は24日ですが、まずは電気が復旧したことに安堵しています。

本当にありがとうございました。