先日、ねむ・そらぐみで広場へお散歩に行ってきました。

1歳児クラスのそらぐみさんはお散歩ロープを持って、0歳児のねむぐみさんは避難者に乗って広場へ向かいました。

久しぶりのお散歩でしたが、園庭に 準備されたお散歩ロープを見ると「お散歩だ!」と気が付いて、ロープの取っ手を握ろうとする子がいました。

園庭を出ると、ごみ収集車やトラックの運転手さんに「こんにちは~」と手を振ったり、飛行機を指さして教えてくれる子がいました。

歩きながら挨拶や色々なもの発見ができるようになるくらい歩くのが上手になったんだなぁと成長を感じました。

 

広場につくと、子どもたちは築山に走って登って行きました。

頂上で大人が「おいで~!」と呼ぶと頂上についた子が真似して下にいる子に向かって手を振って呼び、どんどん集まってきました。

みんなが集まったところで、はい!チーズ!

その後は、築山を降りたり登ったり、落ち葉拾いや、橋を渡ってみたり…

思い思いに体をたくさん動かして遊ぶことが出来ました。

開放感いっぱいで子どもたちはとっても清々しい良い表情をしていました。

どんどん寒くなってきていますが、対策をしながら、またお散歩に行きたいです♪