2019.12.17

お兄さんたちがやってたからやってみよう!

ある日の園庭でのエピソードです。

4・5歳児が砂場のところで板を使ってアスレチックのようなものを作っていました。「この板をちがうところに移動しよう!」

「これだと崩れちゃうよ!」などと言いながら板を組み合わせていました。

そこへ、エルマー組の子どもたちも混ざりながら、「ここはジャングルだからね!落ちたらだめだよ!」などと言いながら遊んでいたこどもたち。エルマー組の子どもたちも「怖いよ~。ぐらぐらする~。」、「このジャングルにはワニがいるんだよ!」といいながらも楽しんでいる姿がありました。

この遊びからエルマー組の子どもたちも砂場に板を置いて遊ぶようになりました!

「お兄さんたちどうやっておいてたっけ?」と試行錯誤しながらアスレチックではなく、おうちを作っているようです。

自分たちで楽しかったことを思い出しながら作っていました。お兄さん、お姉さんたちがやっていたことをやりたい!!と憧れをもちながら過ごしています。この時に出来上がったおうちは「あそべるいえ」だそうです!

こどもたちで「ここはちょっと危ないからだめだね。」といいながら素敵なおうちを作っていました☆お兄さんお姉さんたちと同じことをしたい!という気持ちからうまれた遊びでした☆