2022.10.27

お月見団子を作りました

10月7日、十三夜の前日に、にじぐみのみんなでお月見団子を作りました。

まずは量りを使って白玉粉と水を用意します。

目安の量になるように、スプーンを使って少しずつ足したり減らしたりする子どもたち。とても真剣な表情でした。

そしていざクッキング!

身に付けるのが楽しみだったエプロンと三角巾。

「見て~♪」と嬉しそうにエプロン姿を見せ合っていました。

耳たぶの硬さになるように水を調節しながら混ぜ、そのあと丸いお団子に。

「つるつるしてる」「光ってるよ」「柔らかいね」と生地の感触も楽しみながら作っていきました。

 

団子を蒸している間に、お月見の由来や秋の作物などに触れました。

完成したお団子を盛り付けて玄関に飾りました。

 

秋冬というとクリスマスやハロウィンなどの行事が印象的ですが、

日本に昔からある行事や文化にも触れながら過ごし、子どもたちの世代へも伝えていきたいなと思います。

 

空気が澄んで来たこの季節、夜空がとてもきれいです。

帰り道などにお子さんと月や星を見てみるのも良いですね。