2022.11.15

なりきるってたのしいね

日々の保育で様々なお話に触れている子どもたち。

けいさつぐみ・にじぐみのみんなは、昔話のごっこ遊びを楽しんでいます。

 

~さるかにがっせん~

柿の木を作って園庭へ。家型遊具やダンボールを使って、それぞれの役を楽しみました。

「はーやく 芽を出せ 柿の種♪」と合わせて歌う一体感で気持ちも盛り上がります。

はじめは恥ずかしさがあった子も、大人がオーバーアクションで演じて楽しむ姿を見て、

同じ役をやってみたり、だんだんと声が大きくなってきました。

 

~ももたろう~

みんながよく知っている話で、男の子から「やりたい」という声がたくさんありました。

外やお部屋、色々な場面で楽しんでいました。

焼き芋の穴を鬼が島にしたり、ダンボールで川を作ったり。

役を交代しながら、繰り返し演じていました。

 

本棚にあるももたろうとさるかにの絵本を、友だちと眺めたり、1人でじっくり見たり

何度も物語の世界を楽しみながら自分なりに表現しています。

 

 

ある日は、1人が「もーもたろさん ももたろさん」と口ずさむとみんなで一緒に歌いだしていました。

ごっこ遊びそのものも、少ない子から始まって、だんだん「やってみたい」が広がって。

その様子に大人もワクワクします。

みんなでイメージを共有しながら、表現するって楽しいね。