2021.04.23

ぼくたち、わたしたちの鯉のぼり🎏

4月に進級し、新たにかぜぐみになった子どもたち。

かぜぐみでは5月5日の端午の節句にちなんで、鯉のぼりの製作を行いました。

 

製作が大好きな子どもたち。

製作が始まると「ぼくも!わたしもやりたい!」とたくさんの声がありました!

 

まずはトイレットペーパーの芯に好きな色の絵の具をつけて、鱗模様を描きます。

たくさんの丸が重なって色鮮やかな鯉のぼりに大変身♪

 

次は台紙に鯉のぼりを貼ります。みんな慣れた手つきでのりを取り、一本の指で上手にのり付けを行うことができました!

保育者に「ほらみてみて~」とこの笑顔。のりの独特の感触、何回触っても楽しいし、不思議な感じがするんだよね。

 

鯉のぼりに目も付けて…台紙にはクレヨンで色を付けて完成です。

 

完成したみんなの鯉のぼりはテラスに飾りました!風になびかれてまるで本当に泳いでいるみたいだね♪

 

鯉のぼりを作り終えた後で、それぞれの作品を見ながら伝統行事の話にも簡単に触れ、かぜぐみのみんなで楽しかった思いを共有しました。

 

製作をする前は、お魚と言っていたかぜぐみの子どもたち。

製作を楽しむ中で、保育者の言葉を真似して鯉のぼりという言葉も次第に出てきていました。

どんなことにも興味が持てる素敵なこの時期だからこそ、伝統行事の素晴らしさや由来など、かぜぐみの子どもたちにも伝えていきたいと思います。

小さいながらも楽しんで学べるのはとっても素敵なことですよね☆