12/9は、年末恒例『おやじの会主催のおもちつき』でした。

年長の子ども達が、お父さんとおもちをつくのも恒例のひとつです。

軽々持ち上がった杵なのに、お父さんが力を緩めた瞬間に、ずっしりと重くなるのを体験しました。

お父さんて力持ちなんだなぁ…!

父親の存在の大きさを感じる瞬間です。

 

保護者も職員も一緒になって、力を合わせて行事を作り上げる大人達を、子ども達はどんな風に見ていたでしょうか。

きっと何か大切なものを心に刻んだのではないかなと思うのです。