2022.01.24

ゆきがふったよ

1月6日のできごとです。

この日は天気予報でも雪が降ることが予想され、気温も低く寒い一日となりました。

お昼寝の時間になると、ひらひらと雪が降り始め、あっという間に園庭も一面真っ白に。

 

「みんなおきて~」と大人の声で目を覚ますと・・・

「わあ~~!!」

 

一面の銀世界に目を輝かせ身を乗り出して見つめている子、不思議そうに見つめる子。様々な反応の子どもたち。

 

言葉はなくとも、見たもの、感じたことを誰かに共有したくて、表情や指差しで一生懸命に伝えてくれる姿も見られました。

 

見慣れたはずの園庭なのにいつもとは違う景色、はじめて見る雪、なんだかわくわくしちゃう。

これからも自然体験のなかでみんなの心が動く瞬間を見逃さず、大切にしていきたいと改めて感じました。そしてみんなの目から見たもの、感じたこと、たくさん教えてね。