2018.08.27

夏の終わりのメンテナンス

木造の園舎で過ごす毎日は、木の香りに包まれて心地よく過ぎていきます。

その心地よさは、丁寧なメンテナンスあってのこと。

夏の終わりに(終わりであってほしい・・・)業者のメンテナンスが入りました。

「おはようございます。なにしてるの?」「どうして登るの?」「どうやってやるの?」

という、こどもたちの質問に笑顔で答えてくださる職人さん。

その姿は、きっと、こどもたちには何でもできてしまうヒーローのように映ったことでしょう。

2階の、子育て支援センター 「子育て愛らんど」の利用者からも「ホッとします」との声が届きます。

どの保育室にもある檜の柱は、こどもたちを優しく見守ってくれているような気さえします。

木はいいな~

 

テラスは大きいこたちが、毎日雑巾がけをしてくれます。

昔、聞いたことありませんか?

「丁寧に雑巾がけをすると、木でもピカピカに光るんだよ。その輝きは、自分のきれいな心が光ってるんだよ」って。

(わたしだけかな)

保育園のテラスはピカピカ輝いています。

ともだちと一緒の雑巾がけも楽しいけど、

たった一人の雑巾がけも思う存分、気のすむまでできるからすき・・・

そんなことを思ってかどうかはわかりませんが、黙々と雑巾がけをするこどもを尊敬するわたしです。

やっぱり、こどもってすごいな。

By   ANA