まだまだ、寒い日が続いていますね。

朝、登園すると保育園の園庭の地面は霜柱がたくさんできます。

ザクザクと踏んでみたり、霜柱の塊を取って光に当てるとキラキラしてとってもきれい。

冬ならではの遊びを子どもたちは楽しんでいます。

今回は氷作りに挑戦してみました。

絵の具が出なくなった容器に水を入れて溶かし、色水を作りました。

 

それをボウルや鍋、フライパンに入れ、明日氷が出来ますように!と陰に置いておきました。

次の日の朝、見てみると氷が出来ていました!

ですが、子どもたちが園庭に出る前に日の光で溶けてしまい、遊ぶことができませんでした…

明日こそ!と今度は日陰で寒い所に置いてみました。

次の日…その日は天気が良く、日陰に置いても溶けてしまいそうだったので、慌てて氷をお部屋の中に。

 

ボウルから氷をとると、透明できれいな丸が出来ていて、

氷をツンツンと指で触ってみたり、持って氷越しにお友だちを覗いてみたり

持ってみると冷たかったのか、手が冷たかった!と手を見せて教えてくれました。

 

あともう少しで今年度も終わりになりますね。

子どもたちと一日一日を大切に楽しんでいきたいと思います。