朝晩は少し秋の気配を感じられるようになりました。
みなさん、いかがお過ごしですか?
2018年7月22日、生活クラブ風の村重心通所さくらの
5周年記念行事が、佐倉公民館で行われました。
別会場を借りての記念行事は初めての試みでした。
そのため、会場は緊張感に包まれていたのですが
メンバーさん手作りのかわいらしい挨拶で
和ませてくれました。

その後、所長の挨拶、来賓の方の挨拶のあとに
重心さくら5年間の歩みのスライドショーが始まりました。
所長の作った愛のあるスライドショーは、笑いあり、涙あり
皆さんそれぞれの思いで見入っていました。
そして、メンバーさん達が頑張って練習してきた
「空も飛べるはず」の合唱、合奏の始まりです。
この日の為に、昼食後みんなで食堂に集まり、それぞれお気に入りの楽器を選び
眠気もこらえて練習しましたね!
メンバーさん達、みんないい表情をしていました。
素敵でしたよ!!


次は、いよいよみんな楽しみにしていた
ボナノースさんの登場です。
ボナノースさんは重心さくらでは毎年クリスマス会などに
演奏しに来てくださるブラスバンドの方たちです。
この日も会場に響き渡る楽器の音色に一同引き込まれていました。
やはり、生演奏の迫力と臨場感は最高でした!
もちろんアンコールの拍手が!!


会場は一体感に包まれたまま、第一部は閉式し
会場を重心さくらに移し、第二部となりました。
昼食を済ませ、思い出話に花が咲いたのは言うまでもありません。
みんなで迎えた5周年。これからも1年1年ゆっくりあるいていきましょう!