2018.12.15

遊ぼうカーがやってくる  ヤア!ヤア!ヤア!

つち粘土160キログラムを引っさげて、遊ぼうカーがやってくる。

棒状の粘土を両手で持ってみると・・・ムムム・・・

そこで、べべさんが「重いと思う人~」と問いかけます。

「はい はい・・」と挙手する、こどもたち4、5人

更に、「軽いとおもう人~」と、べべさん。

またまた「はい はい・・」と挙手する、こどもたち4、5人

「正解は・・・両方正解よ。だって、ひとの感じ方はいろいろでしょ?」とべべさん。

大きくうなずく、こどもたち。

そうだよね、そうだよね。

こんなことしたり、

こんなものになったり、、、。

一人ひとりと丁寧に、楽しく粘土遊びをしてくださった、べべさん。

短い時間に、たくさんの学びがありました。

楽しい時間はあっというまに過ぎたのです。

でも、心にしっかり残りました。

自由に表現する楽しさが!

By サザン