2018.12.11

ジャンプしたい!!!

11月のお話にはなるのですが・・・

園庭を覗くと、園庭の切りかぶの上に立っている

2人のそらぐみのお友だちがいました。

2人で仲良く遊んでいますね!お話かな?じゃんけんかな?

その遊びの中で女の子のお友だちは、

切りかぶの上をジャンプして・・・

また登って・・・を繰り返していましたが、

男の子はなかなか1歩が出ずに切りかぶの上に立っていました。

ずっと見守っていた私でしたが、降りたいけど降りられない。

そんな気持ちを汲み取って手を差し出したのですが、

男の子は「んーん」と首を振りました。

その後も切りかぶの上に立っていた男の子。

ですが、ふとした瞬間に切りかぶから跳んだのです。

 

私は1度、降りれないと思い手を差し出しました。

それでもこの男の子は、一緒に遊んでいた女の子に憧れの気持ちを

抱き、「ジブンで」の思いを胸に1人で跳ぶことができました。

跳んだという結果ではなく、跳ぼうと思えた気持ちの変化の過程に

私は胸が打たれました。

子どもの力を信じ、見守っていく。

子どもの思いに寄り添っていく。

改めて大切なことを学べた瞬間でした。

 

「みて!!」と言い、大きな切りかぶの上をジャンプする男の子。

光の影響なんかではなく、とても眩しく見えます。

 

12月になってもそらぐみのみんなは切りかぶの上、タイヤの上に

登り「みて!!」と得意気にジャンプしています。