法人概要

「誰もがありのままにその人らしく地域で暮らすことができるように」
赤ちゃんから障がい者、お年寄りまで、幅広い事業に取り組み、人生のすべてのステージで必要とされる支援、応援をすることをめざしています。
また、支援する人もされる人も、地域の一員として役割を持ち、ともに社会を作っていく。地域づくりの視点から福祉を考え、取り組んでいます。

生活クラブ風の村の理念

事業内容

高齢者支援

高齢者支援

病気や障がいがあっても、ご自宅や住み慣れた地域で暮らし続けられるように、さまざまな事業で、ご利用者の生活をサポートしています。 ご自宅で生活をしながらご利用いただけるデイサービスやショートステイ、訪問介護、ケアプラン作成などはもちろん、地域密着型サービスの小規模多機能型居宅介護や定期巡回・随時対応型訪問介護看護などを行っています。 また、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームなど、入居してお過ごしいただける施設も運営しています。

事業所検索はこちら ≫

子育て支援

子育て支援

自然の素材をたっぷり使った環境で、子どもたち一人ひとりに寄り添い、それぞれの事業で子どもたちの特性に合わせ、仲間やおとなとの適切な関係を築く中で、自尊心や自己肯定感を持ち、ともに育ちあい、安心して自分を出して生活することができるような保育をしています。 また、子どもたちの身体をつくり、毎日欠かすことのできない食事は、安心安全な素材を使用して、子どもたちが健やかに成長できるよう、大切にしています。 さらに、子どもたちが、地域社会の中で生活をする一員として過ごすことができるように、地域の方々との連携を大切にしています。

事業所検索はこちら ≫

障がい児者支援

障がい児者支援

18歳以上の障がいのある方を対象とした「とんぼ舎(生活介護、就労継続支援A型・B型)」、重症心身障がい児者の方が日中通う「重心通所(生活介護)」、小・中・高生が放課後を中心に通う「あかとんぼ(放課後等デイサービス、児童発達支援)」を運営し、それぞれの目的に合わせて、地域で生活していくことができるように、それぞれの事業でサポートしています。

※( )内の事業内容は地域によって異なります

事業所検索はこちら ≫

医療

医療

訪問看護ステーションを運営し、24時間365日体制でご利用者やご家族の自宅での療養生活を、看護師や理学療法士等が訪問してサポートしています。
また、千葉市稲毛区「生活クラブいなげビレッジ虹と風」の中で、外来と訪問診療を行っている園生診療所を運営しています。病気の治療だけではなく、健康管理など、予防からターミナルまでお手伝いしています。

事業所検索はこちら ≫

相談

相談

24時間365日体制の、福祉の総合相談窓口を開設し、複数の問題を抱えている方、どこに相談したらよいのかお悩みの方の相談にお応えしています。
また、生活困窮者自立支援法に基づく自立相談支援のほか、就労準備支援や就労訓練事業、子どもの学習支援などを行っています(自治体によって受託事業は異なります)。

事業所検索はこちら ≫

基本情報

設立 1998年
法人番号(13桁マイナンバー) 7 0400 0500 7253
理事長 池田 徹
事業高 6,155,170千円(2017年度見込)
職員数 1630名(常勤560人/非常勤1070人)(2016年12月末現在)