生活クラブ安心システム

生活クラブ風の村は、要介護者を含めた高齢者や地域のあらゆる人が、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けていくことができるように、また最期を迎えることができるように、地域の中で支えきる活動方針を「生活クラブ安心システム」と定め、さまざまな団体とともに取り組んでいます。

背景

日本は、4人に一人が65歳以上という世界一の超高齢社会ですが、今後さらに高齢者が増加し、ピーク時には40%を超える高齢化率になると予想されており、国は団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けて、社会保障制度の抜本的な見直しを進めています。高齢化とともに、少子化、人口減少が進行し、さらに格差、貧困が増大し続けています。
こうした状況に対して国は、「地域包括ケア」をキーワードに、医療や介護が必要な高齢者等に対する政策を「施設から地域へ」転換しようとしています。できるだけ自宅や住み慣れた地域のケア付き住宅等に暮らし続け、最期を迎えることができるように、住まいをはじめ、介護、福祉、医療、生活支援等の資源を充実させていこうとするものです。
また、地域包括ケアを推進するためには、地域社会の「互助」を拡大することが必要だと強調しています。
こうした状況を受けて、生活クラブ風の村では、生活クラブ千葉グループをはじめとする生活クラブの仲間とともに、「生活クラブ安心システム」の取り組みをはじめました。

生活クラブ安心支援システム

対象

日常生活圏域でご家族、ご近所、友人等との関係が薄く孤立している方

 

 方針

住み慣れた地域で暮らし続けられるように、いま地域にない、でも必要な取組みで「支えきる」
それぞれが、自分にできることは支える側に回るなど、地域生活者としての参加を支援する

 

活動内容(例)

次を例として、ほかにも創意を生かして、可能なことから始めます。

・買い物バス、風の村サロン(昼食会など)、認知症カフェ、ケアラーズカフェ、こども食堂、ラジオ体操、遊びリテーションなど

・生活支援サービス(家事代行、子どもの一時預かり、安否確認など)

・「街の縁側」づくり

※「日常生活圏域」・・・中学校区等。それぞれの市町村において、地域の特性などをふまえて設定されている。

※「街の縁側」・・・「星の数ほど縁側を!」を合言葉に、生活クラブ千葉グループ4団体で、各地に「街の縁側○○(地名)」を創る取り組み。7ヶ所の安心システム拠点以外でも、ガイドラインに則って街の縁側づくりをすすめている。

生活クラブ安心ケアシステム

対象

利用契約を結んだ要介護高齢者(本来、対象は高齢者に限るべきではありませんが、私たちの力量を踏まえてまず高齢者を対象とします)


方針

在宅生活をできる限り続けるために、制度外のケアを含めて最期まで地域生活を継続できるよう「支えきる」


活動内容

各施設、エリアで定期巡回ステーション、小規模多機能ハウス、看護小規模多機能ハウス、訪問看護ステーション事業を展開して、24時間365日切れ目のない支援をおこないます。

訪問介護事業において、①10の基本ケア、②ケアミニマム、③介護ラ針盤(②、③は、岐阜県方式を採用)をもとに、施設並みの支援水準をめざします。

地域密着サービスを利用していない利用者についても、独自サービス、関連団体その他の生活支援サービス、ボランティア資源、他のサービス提供事業者との連携等によって、隙間を埋める努力をおこないます。

そのために、安価な生活支援を提供するNPO等の事業者を育成します。場合によっては、利用者の自己負担分を地域福祉支援積立金から支出することも検討します。

入居系施設では、10の基本ケアにもとづき、看取りまで支えきります。その際、信頼できる医療機関、医師との連携が不可欠です。

本人の最終的な意思が優先されることを前提に、自宅や入居施設で最期まで過ごしたいという利用者の希望を最大限かなえ、最期まで過ごしたいという気持ちを持っていただけるようなケアをめざします。

(注)「在宅死」とは、在宅(自宅、施設)で、または病院に入院して24時間以内に亡くなった場合をいうことにします。

10の基本ケア

生活クラブ安心システムは、高齢者ケアにおいては、質の高い支援をおこなうために、「生活クラブ10の基本ケア」に取り組んでいます。

1.換気を行う

外の自然の空気を取り入れて、部屋の空気を清浄に保つことで、感染症等の病気を予防する

2.床に足をつけて正しい座位をとる

正しい座位(骨盤が立っている姿勢で足の裏に圧をかける)を保つことで覚醒した生活を送る

3.できるだけトイレで用を足す

人間の守るべき尊厳は「トイレで排泄する」ことから始まる

4.あたたかい食事をする

温かくおいしい食事をすることで、ストレスを解消し、免疫力を高める

5.できるだけ普通のお風呂に入る

湯船に入り、のびのびすることでストレスの解消と衛生を保つ

6.質の高い認知症ケアを行う

認知症になっても、その人らしさと尊厳を尊重し続ける

7.お出かけを楽しむ

外出することで気分をリフレッシュする

8.やりたいことを見つけ、実現できる手助けをする

自分でできる・夢中になれる状態をつくり出せば、心が動き自然と体も動き出す

9.本人・家族が参加してケアプラン作りをする

自己決定が尊重されたケアプランで、充実した生活づくりをする

10.ターミナルケアをする

本人・家族が望むかたちで、最期の時までを支えきる

安心システム活動拠点

安心システム連合

私たちと同じように生活クラブ生協を母体とする社会福祉法人を中心に、団体や都道府県をこえた組織をつくり、取り組んでいます。

安心システム連合の詳細はこちら