生活クラブ安心システム

生活クラブ風の村は、要介護者を含めた高齢者や地域のあらゆる人が、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けていくことができるように、また最期を迎えることができるように、地域の中で支えきる活動方針を「生活クラブ安心システム」と定め、さまざまな団体とともに取り組んでいます。

背景

日本は、4人に一人が65歳以上という世界一の超高齢社会ですが、今後さらに高齢者が増加し、ピーク時には40%を超える高齢化率になると予想されており、国は団塊の世代が75歳以上になる2025年に向けて、社会保障制度の抜本的な見直しを進めています。高齢化とともに、少子化、人口減少が進行し、さらに格差、貧困が増大し続けています。
こうした状況に対して国は、「地域包括ケア」をキーワードに、医療や介護が必要な高齢者等に対する政策を「施設から地域へ」転換しようとしています。できるだけ自宅や住み慣れた地域のケア付き住宅等に暮らし続け、最期を迎えることができるように、住まいをはじめ、介護、福祉、医療、生活支援等の資源を充実させていこうとするものです。
また、地域包括ケアを推進するためには、地域社会の「互助」を拡大することが必要だと強調しています。
こうした状況を受けて、生活クラブ風の村では、生活クラブの仲間とともに、「生活クラブ安心システム」の取り組みをはじめました。

生活クラブ安心支援システム

方針

住み慣れた地域で暮らし続けられるように、いま地域にない、でも必要な取組みで「支えきる」
それぞれが、自分にできることは支える側に回るなど、地域生活者としての参加を支援する

対象

事業所がある日常生活圏域で、支援が必要な高齢者、障がい者、生活困窮者、子どもなど、すべての地域住民

主な取組み

・買い物バス

・風の村サロン

・街角サポーター

・子ども食堂

※「日常生活圏域」・・・中学校区等。それぞれの市町村において、地域の特性などをふまえて設定されている。
※「街角サポーター」・・・「街角福祉相談員研修」受講者を街角サポーターに認定。ボランティアとして諸活動に参加。介護、生活、終活などの相談に応じる役目を担う。

生活クラブ安心ケアシステム

方針

在宅生活をできる限り続けるために、制度外のケアを含めて最期まで地域生活を継続できるよう「支えきる」

対象

サービス利用契約を結ぶ要介護者。(高齢者に限らず、障がい者、生活困窮者等も含む)

上記をかなえるための主な事業

①定期巡回ステーション(+ケアプランセンター)

デイサービス、ショートステイ、訪問看護ステーションを併設することを目指しています

②小規模多機能ハウス

訪問看護ステーションの併設を目指しています

内容

10の基本ケアに沿った介護・ケアの提供

・ターミナル期はチームケアで自宅での看取り行います

・退院調整は、ケアマネジャーと訪問看護師が訪問在宅医と連携して行います。

・安心ケアシステム推進会議を開催し、職員全員の参加でケース会議を行います

・ケアラー支援として、ケアラーズカフェ、認知症カフェを開催しています

※「ケアラー」・・・ご家族など、無償で、高齢者や障がい者の介護や看護などを行っている人。

10の基本ケア

生活クラブ安心システムは、高齢者ケアにおいては、質の高い支援をおこなうために、「生活クラブ10の基本ケア」に取り組んでいます。

1.換気を行う

外の自然の空気を取り入れて、部屋の空気を清浄に保つことで、感染症等の病気を予防する

2.床に足をつけて正しい座位をとる

正しい座位(骨盤が立っている姿勢で足の裏に圧をかける)を保つことで覚醒した生活を送る

3.トイレに座る

人間の守るべき尊厳は「トイレで排泄する」ことから始まる

4.あたたかい食事をする

親しい人とおしゃべりをしながら楽しく暖かい食事をとることで、ストレスが解消され免疫力が高まる

5.家庭浴に入る

湯船に入り、のびのびすることでストレスの解消と衛生保持になる

6.座って会話をする(認知症ケア)

認知症ケアは座って会話することからスタート

7.町内にお出かけをする

町内へ楽しく外出することで普通の生活を維持することができる

8.自分ができること夢中になれることをする

自分でできる・夢中になれる状態をつくり出せば、心が動き自然と体も動き出す

9.本人・家族が参加してケアプラン作りをする

自己決定が尊重されたケアプランで、最期の時までを支えきる

10.ターミナルケアをする

地域で最期を迎えられる環境条件をつくることで、安心して住み慣れた地域で暮らし続けることができる

安心システム活動拠点